最新の記事
ピックアップ
2019年7月10日

慰安婦像に唾する日本人?台湾人?韓国人!

韓国内で慰安婦像に唾を吐きかけ、住民に咎められた4人組の男たちが、「お前は何人だ?」と聞かれて「日本人だ」と答えたが、調べてみたら韓国人だと判り、日本人は「だろうね」、韓国人は「韓国人の面汚し」。
その面汚しを『世界中をまたにかけ』てやってるのに、いまさら何を言うんだ?

というお話だが、どうやら本当は「台湾人だ」と答えていたらしくて、台湾で大騒ぎになってるそうです。
妙なところで『輸出規制』がボディーブローのように効いてるのかな?

 

だが、問題はもっと別のところにあります。
散々「日本軍に拉致され慰安婦にされた少女20万人(一説には200万人)に抗議する」と言って、世界中に「日本の性奴隷・慰安婦像」と言ってきた少女の像が、今や韓国メディアの手になると、胡散臭いこと極まりない『平和の少女像』という新しい名前に変わっています。

『平和の少女像』へ?

 

韓国内の慰安婦問題の活動組織『韓国挺身隊問題対策協議会』もいつの間にか名前を変えて

『慰安婦詐欺』のロンダリングに必死!

 

そりゃあ韓国内に『女子挺身隊』がいなかったことに今頃気が付いて必死に隠そうとしているんだから、嘘つきにもほどがある!

その点中国なんかは「南京虐殺の嘘はアブナイ」と、いち早く諦めて知らん顔。新進気鋭の女性ジャーナリストとして『レイプ・オブ・ザ南京』を書いた(書かされた)気の毒なアイリスチャンなんかとっくの昔に消されています。

 

韓国人と違って、日本人にとって歴史は真実ですから、とても大事にします。だから、

この像が
「日本軍に拉致され、強制的に『女子挺身隊』という名の性奴隷にされた200万人の韓国女性」と、
長年韓国が主張していた『嘘・ねつ造歴史』に登場する、かの有名な『慰安婦』であることは絶対に忘れません。


日本人は筆まめだから未来永劫この歴史は消えません。
なんなら日本に『慰安婦像の日』を作って、毎年『韓国の嘘』に抗議する日にしましょうか?
(日本人はそんな品のないことはしませんけどね)

 

 


コメント 1

 
  1. LENNONより 2019.07.11 

    早い話が半島には馬鹿しか住んでないって言うか生きていない。だから馬鹿の子供は馬鹿だけ。大目に見ても賢い人間じゃ無いやね。こう言う連中と同じ血が流れてる奴が住んでるんだよ。これ程の脅威は無いと思うがね?

2019年7月10日

ボーっと生きてんじゃねえぞ!

『NHKをぶっ壊す!』
『NHKから国民を守る党』のキャッチフレーズ『NHKをぶっ壊す!』

いやいや元気な奴らが出てきたもんです。
『ボーっと生きてんじゃねーぞNHK!』
『ボーっと生きてんじゃねーぞ国会議員!』

自民党が気に入らないから野党に入れる、山本太郎に入れてみようかな?くらいに思っているなら、この『NHKから国民を守る党』に投票した方がいいだろな。


確かに、超お金持ち企業『NHK』に囲われている国会議員は多いんだろうね。
安部総理や麻生さんでさえも何も言えないくらいの大物が大勢いる。
そして彼ら(NHKも囲われている議員)も反日である。
じわじわと感染し自分が反日であることに気づいていない。
巧妙に時間をかけて異星人に侵略・支配されている反日組織である。

 

『郵政民営化!』『自民党をぶっ壊す』で総理大臣になった変人がいたが、
日本人は人が良すぎてすぐ騙される。

『オレオレ詐欺』がなくならないわけだ。

『NHKをぶっ壊す』という『NHKから国民を守る党』の正体は解らないが、今の野党ほど阿呆はいないのだから、「もし自民党が厭で野党に投票する」くらいならこの党のほうがいいと思います。


コメント 3

 
  1. LENNONより 2019.07.11 

    ボーッと生きてるってのは良い言葉だね。人間ってのは平和になるとボーッとなるんだが。人間の問題って事より古い制度をそのままにして来た立法府の問題なんだが。世の中はドンドン変化してるのに制度は変化させない。それは都合が良いから。視聴者にとってじゃなく運営組織にとってね。スクランブルって手段があるのに都合が悪いから導入しない。導入すると視聴者が減る可能性が怖いからしない。挙げればキリがないほど問題を抱えてるから目を瞑る。役所と立法府がグルになってる可能性もある。何れにしても視聴者や国民の事は二の次なんだよ。まあ多分だが役人が馬鹿なんだよ。

  2. サービス無し高齢者住宅の老婆より 2019.07.11 

    元NHKの職員と聞きましたが「NHKから国民を守る党」の党首だけ1名が当選したら笑いものです。
    よほどNHKが憎いのか?よほど議員さんになってみたいのか?日本人の中の馬鹿の数が知りたいのか?

  3. サービス無し高齢者住宅の老婆より 2019.07.11 

    もしもあんたが当選したら、あんたがNHKに出て演説したお陰ですなぁ!

2019年7月9日

皇室外交

 何か違和感が漂うのだが、秋篠宮家の皇室外交は、日本国政府と連携が取れているのだろうか?

 皇室外交の政治利用というつもりではない。本来統治しない皇室に『外交』はできない。だが、日本国の皇族が外国を訪問するとなるとそれはそのまま『日本国の外交』となる。つまり本来皇室がかかわってはならない『政治』になるのだ。
 だから、皇室の外遊が政治の要請であってはならず、かつ日本の国益を見据えた判断を考慮したものでなくてはならない。
そこには内閣府(総理大臣)と皇室(天皇・皇族)の双方が、確たる信頼の下で阿吽の呼吸を合わせる必要がある。

その時皇室外交は、矛盾するようだが日本にとって最高の外交になりうるのだ。

 

 戦後の皇室(昭和天皇)は、見事なまでの美しき君臨であらせられたと思う。敗戦国・日本が再び世界の称賛を浴びるまでに復活したのは、多くの国民が昭和天皇を慕い心の支えとして生き抜いたからである。
 平成天皇(上皇)もまた『天皇の人間宣言』ののちに初めて皇位継承された天皇陛下としてお勤めになられ、譲位による皇位継承という新しい道を開かれた。
 上皇のご努力と国民を幸せを願う心は、日本国にあまねく降り注ぎ、国民は感謝の念を込めて、上皇と今上陛下の即位を心からお喜び申し上げた。

 

 五月一日、第126代天皇に即位された今上陛下は堂々と、一時期健康を害された感のあった雅子皇后は、お名前通りまことに雅なお姿と笑顔でその憂いを吹き飛ばし、国民は皆心より祝意をささげた。

 また最大の同盟国・米国のトランプ大統領を初の国賓として迎えては、世界に冠たる超大国の大統領も、日本国民と同じく皇室の権威を前に礼を尽くし恭しく陛下に拝謁し、陛下もまた親しく語り掛け、日米両国の国民の賛意をもって絆を深めることとなった。

 

世界中が称賛する皇室外交のスタートであり、今上陛下のお気持ちと内閣の意向が一つになった喜ばしい成果である。
国民の一人として、新しい令和の時代も、神代から続く万世一系の陛下を戴くありがたさを噛みしめている。


コメント 0

 
2019年7月9日

山本太郎を選ぶ無責任は止めてくれ!

 『れいわ新撰組』を作って参院選に臨む山本太郎が注目されているといううわさがネットに流れる。
「あの○○がついに日本初登場」と、いつみても「よくやるよ」みたいなステマになれているはずなので、まさか皆さんが『れいわ新撰組』に投票することはないと思いますが、「面白そう」などと云って投票することだけは絶対にやめて欲しい。
またネットに騙されて「え?本等に注目されているの?」なんて興味を持つのもやめて欲しい。生まれ落ちた時からすでに時代遅れになっている鳩山由紀夫のような、ピント外れの政治家を人口減少中のこの日本に増やすのは何としても止めて欲しい。

 彼が何をしたいのか知らないが今回の参院選に臨む政策は『被爆させない・TPPはいらない・飢えさせない』だそうですが、これ政策ですか?日本がブータンぐらいの規模だったら(失礼!)これぐらいの政策で国策になるかもしれないが、これで日本の国会議員になってどうするの?その辺の市民活動家と一緒に政治家の支援でもしなさいよ。
 今の野党全体がそうなのだが、何一つまともな施策を打ち出さず、「政権・与党の足を引っ張る小学生の学級委員長選び」みたいなことしかできない政治家ばかりが増えた。山本太郎もその一人にしかすぎないことがこの政策を見れば良く判る。
いま日本が本当に取り組まなければならない問題については何一つコメントできない野党に議席を与えるのはもううんざり。


当選目当てに『共産党を含む野党統一候補?』
そんな候補を『人間』と呼べるのか?それじゃ鵺(ヌエ)だろう?俺たちは人間に投票したいんだ。

 

テレビやメディアは「もうすでに死んでいる」。彼らの評論や評価は一切信じない。
ネット(ニュース)と書籍記事の中から取捨選択してまともな意見を探るしかない。
結論は野党は「もうすでに死んでいる」だ。まともな野党は皆無である。
自民党に入れないのなら棄権してくれ。野党に投票するような愚は犯さないでくれ。

無責任野党はもうこりごりなのだ!


コメント 2

 
  1. LENNONより 2019.07.10 

    舐めた真似をしやがって。本物の新選組が怒ってるに違いない。こんな奴等は叩っ斬られるだろうよ。ヒョットしたらこの時代に蘇って叩っ斬るかもしれない。どうせロクな死に方はしないだろうが。

  2. reporterより 2019.07.11 

    天皇制を廃止し日本を破壊しようとしている共産、その共産党と選挙協力して政権を取って一体何をするつもり?これで既存野党は全て死に体とみなしています。

2019年7月9日

時すでに遅し

これまで静観してきた韓国のムンジェイン大統領がついに発言!?

「日本よ規制を撤回しろ」
「韓国企業に実害が生じたら必要な対応をとる」

あれ~

「韓国よ徴用工賠償判決を撤回せよ」
「日本企業に実害が生じたら必要な措置をとる」

なんと全く同じセリフです。こんな短い文章でも『例文』がなければ作れないのか?
文はロボット(操り人形)か?動きがギクシャクしてるが故障してるんじゃないか?

 

国際条約無視した韓国と、それを撤回せよと言った日本。
特恵待遇で輸入した軍需物資を闇に流した韓国とそれを知って輸出を停止した日本。

それが判らないのか?文を操作してるのは誰だ? 金?近平?

 

この状況でムンジェインは
「互恵的な民間企業間の取引を政治的な目的で制限しようとする動きを、韓国だけでなく、全世界が憂慮している」
と日本の対応を批判。日本が唱えてきた「自由貿易の原則」に立ち返るよう求めた。

大きな御世話である。全世界が憂慮しているのは韓国大統領の無能さだ。
これまで日本が求めてきた協議を一切無視してきた自分たちのことを棚に上げて、よくこんなことが言えるものだ。

そのたぐいまれな無神経さには敬意を表しよう。
だが日本の官僚も結構無神経だから決めたことは変えないよ。

 

もう遅いのだ。ムンジェインの沈黙は打つ手がないことを示していた。

嘘を教え込まれた韓国民の半分は、韓国の捏造した歴史を信じ生来の卑屈さで被害者意識に凝り固まって、どんな国難よりも反日の方が大事なのだから、今更ムンがどう言おうが、メディがいかに正論を述べようが、韓国は身動きがとれない。

『反日という麻薬に溺れまともな思考もできないジャンキー』
それがムンジェインと韓国人の過半数の実態と云う事。

「日本の正しさを認めて謝罪する」この人間として当然のことができない。
気の毒だが韓国は奈落へと坂道を転げ落ち始めた。

 

打開策を求めて、韓日議員連盟の韓国議員が日本にやってくるというが、あのヒサン議長に状況が理解できるとは思ええないのだが?
上から目線で物を言って相手にされず『漫画みたいな顔』で逆切れするのが関の山だろう。

いまは、切羽詰まった国民からつるし上げられて牢獄に送られるのをふるえて待て!

 

この件で関係のないはずの北朝鮮が平壌放送で、日本政府が韓国への半導体材料の輸出規制を強化したことをめぐり、安倍晋三政権を批判する論評を伝えた
「日本が強制徴用犯罪を謝罪し、賠償するどころか、輸出規制などとますます傲慢に振る舞う悪結果をもたらした」

 

取引のない北朝鮮がなぜ怒りだしたの?
ああ、『語るに落ちる』とはこのことである!
反日韓国・北朝鮮が気の毒すぎて声もない。

 


コメント 1

 
  1. LENNONより 2019.07.09 

    半島には馬鹿しか住んでいない。と言うより馬鹿しか生まれないんだろう。一般的な人間は馬鹿は相手にしない物だ。個々人の人間でもそうなんだから国家であれば尚更だ。ドンドン追い詰めて向こうから国交断絶を言い出すまで無視するべきだ。

2019年7月8日

人権と犯罪

目を覆うような凄惨な尊属殺人や、理由なき行きずり無差別大量殺人が頻発している。
それを見て、
『彼らは被害者。理解して』という人権派がテレビで得々としゃべってる。

 

おい人権をかざす君たち、まだ気が付かないのか?

今起きている悲惨な事件は、「人権が大事」と教えられた人達が、傷つけられた『自分の人権』を守ろうとして起こしていると。

「人権を大事にしろ」と叫びながら「大事に思えるのは自分の人権だけである」という事実をしらない君たちのせいであることに、まだ気づかないのか?!

最も口汚くののしるのは「人権を守れ」と言う人たちだ。
最も暴力的なのは「平和を守れ」という人たちである。
「原発は甚大な被害をもたらす」という人は「自分だけ助かりたい」人だろう。


人間が理解できるのは自分の人権だけだ。だから自分の人権を守るためなら何でもする。
この恐ろしさを知らないで人権を口にする人が、土壇場で他人の人権を奪う恐ろしい人なのだよ。

今「人権を守れ」と叫ぶ人達は『人権』とは何か知らない、その程度の人達なのだ。

 


コメント 1

 
  1. LENNONより 2019.07.09 

    人権と叫べば何でも許されると勘違いしてる馬鹿の何と多い事か?人権ってのは生きる権利だけで良い。生存権だけに限定すれば良いのだ。昨今は人権がドンドン幅を広げて実に下らん事までも人権を振りかざす。そして犯罪とは人の権利を踏みにじる行為でその犯罪者は自ら人権を捨てたと見なせば良い。もっと言えばハラスメントだの学校での体罰だ。自分が気に入らない事があれば堂々と喧嘩で白黒付ろ。人間てのは間違った事を後悔するには痛い目に遭うことでしか反省も後悔もしない。人間社会とは本当は怖い社会じゃないと馬鹿が増える。いい加減に目を覚まさないと社会そのものが腐る。

2019年7月7日

本当に自衛隊機を撃墜しようとした韓国軍

 韓国をホワイト国から除外して戦略物資の供給を中止した日本に向かって、韓国人が「やめろ!徴用工判決への報復だ」とわめいている。

『報復』ってあなた・・・・。

つまり「自分たちが報復されるようなことをしている」自覚はあるんだ。

それならまず、その報復された原因を改めたらいかがですか?

え?「何を言ってるかわからない?」

そうでしょうとも、じゃなければ、あんな馬鹿な『半ケツ』出しませんよねえ。

 

 今回の制裁のきっかけの一つはあなた達の『おバカ』の一つである『自衛隊機ロックオン事件』です。

あの事件で、なぜあなたたちが、血相を変え、泡を吹きながら、次々と嘘をつき、ころころと変えたのか、その理由は明らかだったのです。

それは、

日本に「見られてはならないものを見られ」慌てて、一瞬本当に撃墜しようとした。なぜなら、
それはただの『瀬取り』ではなく、戦略物資の『瀬取り』現場を見られたからです。

 

常に冷静でなければならない軍人さえも、韓国軍では「朝鮮人特有の興奮すると後先忘れてエキセントリックな行動に走る『火病』を患っている」ということですね。

 

ムンジェインは、

「なぜあの時、偶発を装って自衛隊機を攻撃しなかったのか」


とほぞをかんでいることでしょう。G20でず~っとそんな顔をしていましたね。
もしそうしていたら、あの段階でなら「トランプは慌てふためいて日本をなだめ日・米・韓三国の同盟・協力関係を堅持しようとした」ことでしょう。

 

 しかしその後日米は、英仏を巻き込んで『韓国の制裁破りと戦略物資の横流し』という事実を確認し、今この段階で『韓国をホワイト国から除外』したのですからもう全て手遅れです。

 トランプが直接金正恩に呼びかけ首脳会談をした理由の一つがここにあります。トランプは「もはや韓国は一切あてにしない」と金正恩に告げ二国間交渉を持ちかけたのです。

 ですから、北朝鮮は必ず『安倍総理との対話』に応じるでしょう。そこで拉致問題は一応の解決を見ることになるでしょう。一応というのは「拉致被害者の期待する結果が得られるかどうかは分からない。すでに亡くなっている可能性が高い」ということです。

 

ムンジェインは唯一の目標である南北統一を、

「紛争で国民の反日感情を搔き立て、核兵器の必要性を訴える」


ことで実現しようとしてきました。そのための理不尽な反日行動なのです。

しかし日本攻撃には、周辺諸国の理解と支援が必要なのです。

安倍総理は巧妙にムンジェインの野望を打ち砕いてしまいました。
いまや米国は云うに及ばず、中国・ロシアまで日本にすり寄ってきています。

日本の野党はこれらの動きを一切理解していないようです。
メディアは野党政治家の無能ぶりに辟易しながら『報道しない権利』を行使しているのでしょう。

韓国は日本の敵
中国は世界の敵

まず日本の敵を完全に排除しなければなりません。
目途はつきましたがそれを実現するには安倍総理が欠かせないのです。

『参院選与党圧勝』 心より祈願いたします!

 


コメント 1

 
  1. LENNONより 2019.07.07 

    自衛隊は何故丸腰で哨戒機を飛ばしてるのか?対艦ミサイルを装備して飛ばし危険が有れば即時に反撃すれば良いだけの話だ。ゴチャゴチャ言ってるより撃沈すれば良い。その姿勢でしか抑止にはならない。命懸けの防衛任務とはそう言うものだ。

2019年7月6日

懲戒請求者を告訴する愚行

 植村隆氏の名誉棄損訴訟に名を連ねる弁護士170名。これに違和感を感じない弁護士も同じ。当然ながら、弁護士資格があるからと言って人間的に立派なわけじゃない。現状を見ればかえって人間的に問題の多い弁護士の方が多そうだ。

 

『懲戒請求』が組織的であろうが大量であろうが、

「それをもって弁護士が懲戒請求者を訴え、敗訴時の賠償金を示して和解を勧告し、和解金を脅し取る」

などと言う『暴挙暴論』に反論もせず疑問も呈しない弁護士は、すでに脳細胞が『千切れもつれ』まともな判断が出来なくなっている。

 

 無茶苦茶な『弁護士法』の上に胡坐をかいて、日本を支配したつもりになっているのかもしれないが、元々そんなに頭がよくないのか、『懲戒請求』の意味も価値も理解できずに「生意気な懲戒請求者をこらしめてやる」とばかりに、今までと同じように『懲戒請求者』を弱者と舐めて『虐め』にかかった。

 すると小利口だが権威に弱い『反余命勢力』の一部が、「弁護士様に逆らうなんて」とばかり『懲戒請求者』を責め「早く謝って和解しなさい」と勧め、口車にのって和解をした人もかなりいたようだが、それにもめげない人たちが頑張っているのは実に喜ばしいことだ。

 最初の内は深く考えることのできない裁判官が、この『虐め訴訟』を「自分たち司法家の利権毀損者」と見て原告弁護士に有利な判決を出し続けたが、ようやくこの訴訟のおかしさに気づき始めたようだ。

 

この裁判が、弁護士の権威を裏付ける弁護士法にもとるものだとやっと気づき始めたのだろう。
いずれ和解金をせしめた弁護士達を刑事事件で告発しなければ収拾がつかないだろう。
まあ、いざとなったら自分達の守り神である『法』を踏みにじってでも逃亡を図るだろうが、社会的信用は回復できないだろう。

もうすべては後の祭り!
いや!祭りの本番はこれから?

 

 『日弁連』という反日組織の片棒を担がされている日本人弁護士の皆さんは、弁護士法を改正して『第2・第3・・日弁連』を結成し社会正義の実現に努めてください。

反日姿勢をあらわにする在日韓国・朝鮮人が、日本国内で弁護士として活動し日本人を裁くことは許せません。
彼らは『日本と祖国に事あらば日本人を殺戮する側に回る』ことを公言している人達です。
それが現実になるかもしれない今となっては、早急に『弁護士法・弁護士会』の改正・再編をお願いします。


コメント 2

 
  1. reporterより 2019.07.07 

    『日本と祖国に事あらば日本人を殺戮する側に回る』在日を、公務員に登用している自治体があることに驚きますね。日本国民であることを忘れているのでしょ。

  2. LENNONより 2019.07.07 

    司法試験を受かったからと言ってその人間が良い人間だとか犯罪を犯さないと言う証明をされてる訳じゃない。司法関係者は犯罪の手口やその抜け穴を潜り抜ける手段は一般人より詳しい。また犯罪に手を貸したり共犯関係として犯罪者側になる可能性もある。一度人間関係や背後関係を徹底的に調べたら面白い事が出て来るかも?叩けば色んな埃が舞い上がるかもね。

2019年7月6日

『徴用』された朝鮮人の数

どうにもこうにも昨日の投稿の後半にみっともないことを書いてしまった。
徴兵者の数の載った資料を見つけたことで興奮してしまったようだ。ここでお詫び申し上げる。訳の分からぬ文章を再掲し修正したものを掲載するのでどうか笑ってお許し願いたい。

【昨日の投稿の後半部分】

だが、こうなるともう一つの疑問が出てきます。

外務省が
「戦時中の徴用令によって日本に渡航し昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人」
と発表しているからです。

「徴用工が61万人登録されていた」?

この文書が大きな問題になる。これが本当に徴用工なのか?

 違う!これは「登録されていた在日朝鮮人の数」だ。

 なぜ外務省はこの数字の頭に「戦時中徴用令によって日本に渡航」という言葉をつけたのか?
徴用しなくても応募者が溢れかえっているのに60万も徴用しているわけがないじゃないか。

本当に腹が立つが、この外務省職員のおかげで『強制徴用』問題がいつまでも尾を引いている。

ついでにいえば「昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は245人」という外務省のバカさ加減も許しがたい。
これは戦後の混乱期の公式記録かもしれないが、

日本国内に居座っている朝鮮人という意味とすると「245人」なんて少数であるわけがないだろう?

知らなけりゃ公式文書にするなよ。頼むよ、馬鹿も休み休みにしてくれよ!

外務省職員のバカさ加減も露呈してしまったが、
なにわともあれ、朝鮮人徴兵者の数は判明した。5万5千人だった。

================
というものであって外務省の公表資料
「戦時中の徴用令によって日本に渡航し昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人」を「徴用令で日本に渡航した朝鮮人が61万人でかつ昭和34年時点で日本に残っていた朝鮮人の数245人」というう風に解釈したもので、我ながら実に情けなく反省です。あまつさえ外務省職員を馬鹿呼ばわりしてしまったことも併せて謝罪いたします。よって以下のように訂正いたします。
 

================

だが、こうなるともう一つの疑問が残る。

外務省が
「戦時中の徴用令によって日本に渡航し昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人」という発表のいみである。

「戦時中徴用工で残っているのが245人」?

この日本外務省の文書が大きな問題になる。
本当にこの245人が徴用工か?ではそもそも一体何人が徴用されたのか?

昭和34年の時点。確認されている在日朝鮮人は約61万人。外務省はこの数字の頭に「戦時中徴用令によって日本に渡航」という言葉をつけ61万にが徴用されたかのように見える。なぜこのような誤解されそうな文章を書くのか?

そして「昭和34年時点で徴用された朝鮮人のうち日本に残っていたのはわずか245人」
「わずか245人」という言葉に一体どういう意味があるのだ?

「わずか245人」のことで文句を言うなと言っているのか?もしそうであれば不適切というそしりは免れない。
「わずか」という以上「元々徴兵した人数は膨大な数に上る」のではないかという疑念を抱かせる。
それとも「61万人滞留させてやっているのに、徴用如きでガタガタ言うな」という意味なのだろうか?

いずれにしろ、この文章は実に不適切である。
本当に腹が立つが、この外務省職員のおかげで『強制徴用』問題がいつまでも尾を引いている。

 

徴用はあったのかなかったのか?
実はこれについては何の問題もない。

当時日本国民であった朝鮮半島人が戦時下に徴用されても何の問題もないのだ。
1944年秋まで徴用・徴兵を免除されていたことの方が不思議なのだ。
だから日本の外務省の役人も『徴用』について全く問題意識はなかったのだろう。

だがそれが問題をこじらせた。ついでなら

「昭和34年時点で日本に245人も残っていた」
「まだ61万人も残っている。一日も早く帰国せよ」
と言えばよかったのである。

 

外務省職員のバカさ加減も露呈してしまったが、
なにはともあれ、朝鮮人徴兵者の数は判明した。
徴兵者は5万5千人。半島で入営したがそこで敗戦を迎えた。

 

後は徴用である。この資料が見当たらない!
徴用はあったのか?あったなら何人徴用されたのか?
もし資料をお持ちの方がいればお教え願いたい。

個人的には
「日本に出稼ぎに行きたい朝鮮人が釜山からこぼれ落ちているのに徴用する意味などない」
「徴用工はなかった」と思っている。
そして念願かなって日本に働きにこれた朝鮮人は、徴兵もされず高給取りで、日本人女性の憧れの的となり大いに日本を満喫した、これが真実である。


コメント 2

 
  1. ファンタジー歴史より 2019.07.07 

    2015/01/24
    大阪府が1932年に「なぜ内地に来たのか」在日朝鮮人に調査、7割以上の同胞が「食えないから」日本に来たと答えた
    2014/07/18
    日本の朝鮮人渡航阻止政策と強制連行神話
    韓国の「正しい歴史」によると、日韓併合時代、約200万人の朝鮮人が日本に強制連行(強制移住)させられたのだそうです。
    しかし、真実は日本で一攫千金を夢見た朝鮮人が怒濤のように日本に渡ってきて、日本人の仕事を奪ったため、日本政府は朝鮮人が日本に来ないようにする渡航阻止政策を何度も実施していました。

  2. reporterより 2019.07.07 

    「食えないから日本に来た」と答えた朝鮮人が7割。驚きませんね。
    で、残りの3割は「地獄から逃げてきた」ではないでしょうかね。

2019年7月5日

徴兵された朝鮮人の数

 朝鮮半島には徴用例が実施されず、遅れて1944年秋から実施されたものの徴用工に至っては、元より志願者が押し寄せる態にて徴用の必要はなく、全て応募者労働者しか存在しない。
 それは男女を問わず、よって女子徴用工の呼称である『女子挺身隊』なるものは日本本土にはあるが朝鮮においては存在しない。
それ故に『慰安婦』とされた『女子挺身隊』そのものが存在しない以上、韓国における『女子挺身達問題対策協議会』は何が問題なのか不明な幽霊の如き存在ということになる。

 男子徴用工も同様で、応募者が溢れているのに『(強制)徴用工』なるものは存在しない。(そもそもが『強制』である戦時徴用工に『強制』という文字を加えることなど日本人には恥ずかしくてできない相談である)

 ただ存在しないはずの『徴用』という言葉が残ったのは、
『徴用令』に基づく『徴兵』だけが遅ればせながら、
1944年秋より半島で実施されたからである。

 

 ところがこの実施されたはずの『徴兵者の数』がどこにもでて来ない。
 あれほど「日本のありもしない戦争犯罪」を、重箱の隅をつつくようにして持ち出し、難癖をつけ日本人を貶める朝鮮人が、この『徴兵』については何もコメントしない。
彼らが言わないから日本人もそんなに調べない。ネットのどこにもこの『朝鮮人男子の徴兵者数』がどこにもでて来ない。
出てくるのは「徴兵された朝鮮人は教育期間中に敗戦を迎え戦場に入ってない」という記述しかない。

 韓国人が徴兵を問題にしないのは、推測だが、韓国では今でも徴兵制度を敷いているので日本の徴兵を『強制徴兵』として非難すると、自国民から非難されるからではないかと思う。

 

その朝鮮人の徴兵者数だが『国立公文書館アジア歴史センター』のページにPDFで残っていました。

結論だけ申し上げます。

『約二十三萬の壮丁中より現役として入営せるは僅か四萬五千名(別に海軍兵一萬名)にして他の大部分は補充兵として在郷に待機しありしも、本土の兵備きょう化に伴い逐次各現地自活要因として招集せらるるに至りたり。』

つまり第一陣として、昭和20年1月に、海軍含め五萬五千名が徴兵され入営したようです。
第二陣の募集は主戦間際になり中止になっています。
ですから本当に朝鮮人徴兵者の戦闘参加はなかったのです。


だが、こうなるともう一つの疑問が出てきます。

外務省が
「戦時中の徴用令によって日本に渡航し昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人」
と発表しているからです。

「徴用工が61万人登録されていた」?

 

この文書が大きな問題になる。これが本当に徴用工なのか?

 違う!これは「登録されていた在日朝鮮人の数」だ。

 

 なぜ外務省はこの数字の頭に「戦時中徴用令によって日本に渡航」という言葉をつけたのか?
徴用しなくても応募者が溢れかえっているのに60万も徴用しているわけがないじゃないか。


本当に腹が立つが、この外務省職員のおかげで『強制徴用』問題がいつまでも尾を引いている。

ついでにいえば「昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は245人」という外務省のバカさ加減も許しがたい。
これは戦後の混乱期の公式記録かもしれないが、

日本国内に居座っている朝鮮人という意味とすると「245人」なんて少数であるわけがないだろう?

知らなけりゃ公式文書にするなよ。頼むよ、馬鹿も休み休みにしてくれよ!

 


外務省職員のバカさ加減も露呈してしまったが、
なにわともあれ、朝鮮人徴兵者の数は判明した。5万5千人だった。


コメント 0

 

以前のサイトへのリンク

このサイトの前身となるのが「愛媛のうわさ」と「全国のうわさ」になります。こちらのサイトの更新は停止していますが興味がある方は是非のぞいてみてください。

愛媛の噂話
全国の噂話