最新の記事
ピックアップ
2023年11月26日

新たな『テロどす!』

  世界保健機関(WHO)は23日、中国で集団発生している小児肺炎の症例について、同国は「通常とは異なる、あるいは新規の病原体」を報告していないと発表した。
WHOによると、中国政府は、インフルエンザのような症例が増加したのは新型コロナウイルス対策が解除されたためだとしている。

WHOは、この症例について追加のデータを要求している。
その上でWHOは、中国に住む人々に対し、ワクチンを接種したり、マスクを着用するといった予防策を講じるよう呼びかけている。

だがこの発表は中国の主張を無条件で受け入れた、コロナ発生時の発表と同じ過ちを繰り返すものだ。

 

中国メディアはここ数日、病院が飽和状態にあると報じている。
これは異常な状態ではないのか?
にも拘わらずWHOは「原因はコロナ対策が解除されたためである」という。
正しいかどうかもわからぬまま、WHOではすでに結論めいたものを出しているではないか。
そして追加データを求めながら「渡航制限は不要である」とまで踏み込んでいる。
結論が出ているなら中国に追加のデータを要求する必要もないではないか?
言ってることとやってることがちぐはぐである。


コロナの時と同じく、WHOは再び中国の代弁者として行動している。
中国のコロナテロを煽った『テロドス事務局長』の責任も追及せず、
そのまま再選し居座らせたWHOは、
ひょっとすれば今回の『新たなるウィルステロ』を想定していたのではないか?

 

現WHOを、いや国連そのものまで、
早急に解体し根本的に再構築すべき時ではないのか?

小児肺炎多発中の中国・遼寧省は、北朝鮮と国境を接し黄海にも面している。
国際的に見れば日本の至近距離にあると言ってよいのだ。

日本政府はやっとコロナから解放され蘇りつつある景気対策に怯えているのかもしれないが
万が一再び新たなパンデミックが生じればそれこそ日本は滅亡しかねない。

岸田総理は検討するまでもなく早期に中国との渡航を制限するべきだろう。


コメント 2

 
  1. LENNONより 2023.11.27 

    渡航の制限では駄目です。完全な遮断が正しい。そして輸出入の遮断も。親中の人間は24時間監視と通信の禁止も。

  2. 陽だまりの爺さんより 2023.11.27 

    中国に行く日本人を半分位スパイ罪で逮捕してくれれば、全ては解決するのになぁ。

2023年11月24日

次々消えてゆく

久しく話題にも上らなかった『辻元清美』さんが、
タクシーを降りてそのまま車道を横断する姿を動画にとられ「話題となり平身低頭謝った」
というどうでもいいニュースで登場。
思わず「ああ本当にお久しぶり」と思わず笑ってしまった。

いやあもうすでに過去の人ですね。小沢一郎氏や石破茂氏と同じくこういう風に消えていくんだ。

次に消えていく人はもう決まっている。
橋下徹、この人しかいない。


いつ消えるか?
そうですね、もう二年もすれば今の辻元氏以下のレベルでしょう。
だって・・・言ってること「お前の母ちゃんデベソ」って子供並みのセリフだもん。

同様に、いつまでも総裁候補第一位と言われる石破茂さんもお気の毒。
推薦人も集められない人をここまで晒し者にしなくてもいいんじゃないか?

それにしても、石破氏と橋下氏は何か共通点があるのかな?
やはりあれですか?噂にはなってるが『中華ハニトラ』つながり?

まさか本当にそんなレベルの低いお話で日本国に物申されていいんでしょうか?
私的には、絶対そんなことはないと思っています。

本当です。
だから訴えないでね~。


コメント 3

 
  1. LENNONより 2023.11.26 

    面を見るだけで虫唾が走る奴がどうして生きていられるんだろうね?国会の予算委員会で座ってる姿やテレビ番組でコメンテーターで偉そうに喋ってる姿は実に気分が悪い。こいつらを映すテレビ番組も一緒に無くなればスッキリする。疫病神を映すな!だ。

  2. 浪速の爺さんより 2023.11.27 

    「弁護士するよりタレントの方が何倍も儲かりますからねぇ。」言っていたので、
    タレントは止めんでしょうが、使うメディアも観る視聴者も悪い!

  3. LENNONより 2023.11.28 

    石破や橋下、小泉等のどう見ても保守には見えん連中は多分反日左翼に人気が有るんだろう。こいつらを日本で調子に乗せる事で日本を混乱させよく無い方向へ進ませようとしてるんだろう。これも左翼の工作とすれば中々良い手口だ。早く反日取締法とスパイ取締法を成立させれば馬鹿は減るんだが。今の国会を見てる限りじゃそんな事は露ほども考えてない様にしか見えん。与野党共に。

2023年11月19日

東京にはヒグマじゃなくて狸が出るらしい

学歴詐称問題で追い詰められている小池百合子が、
アラビア語を話す動画を公表したことで

「なんだアラビア語話せるじゃないか」
「あの難しいアラビア語を話せるなんてすご~い」

というバカな声が上がっているようだが、もう日本の人もメディアも『お目出度』すぎて話にならん。

疑惑は『カイロ大学主席卒業という学歴詐称』。
アラビア語をしゃべって見せる動画など何の説明にもなっていない。

それにあの小池百合子だぜ?しょっぱなから嘘つき放題の詐欺師だぜ。

「テキスト丸暗記しておいて
雇ったアラビア人と周到に打ち合わせし
アラビア語に堪能であると思わせる」
このくらいのタヌキ芝居は平気でやるよ。

 

未だに公式な場で
『カイロ大学を首席で卒業しました」
と言っていない小池百合子。


日本の警察は、当然『公職選挙法違反の疑い』でカイロ大学に行って捜査(調査)してくるべきだろう?

それとエジプト大使館から出された怪しげな卒業証明文書も、発行部署や当時の責任者にを聴取しなければならない。

相手は本物のタヌキ。
こんな見え透いた嘘に騙されるな東京都民!
小池タヌキの悪事は、
調べりゃ山ほど出てくるに違いない。

年貢の納め時。
いよいよタヌキ汁かな・・・。


コメント 3

 
  1. LENNONより 2023.11.20 

    選挙制度を改訂し当選した人間が無能だったり有権者を舐めてる言動をした時には投票を取り消して落選票に投票し直す事が可能な制度にすれば間違って選ばれた政治家は直ちに引き摺り落とす事が可能になると思うんだが。でも事勿れ主義で国家なんかどうでも良いと思ってる馬鹿が抵抗するだろうが。真っ先に文句を言うのは大学教授や弁護士の連中だろう。こいつらは社会の混乱に付け込んで金を稼ぐクズみたいだから。

  2. 狸じじいより 2023.11.20 

    卒業したのならその時にディプロマ(卒業証明文書)を受け取っているはずです。
    何で今頃になってエジプト大使館が出すのか、まったく理由が解りません。
    もしかしたら、貴方も大金を払ったらディプロマを貰えるかも知れません。
    海外の大学は入学は簡単でも、単位を取ってディプロマを貰える人が少ないです。
    日本人は○○大学で4年間勉強したと言えば、てっきり卒業したと思いますから!

  3. LENNONより 2023.11.26 

    たぬきや狐や熊が害を及ぼす害獣なら駆除すれば良いのだが。社会に害を及ぼす人間は人間扱いしてはならないって法制度を作れば良いのだが。駆除は得意だから請け負っても良い。しかも無料で。長年害獣駆除は経験してるから得意なんだがね。

2023年11月18日

やっと・・・?

 いやあびっくりした!池田大作氏が11月15日に死去したというニュース。
もうとっくに死去されているのではないのかと思っていたのだが・・・・・。

 創価学会の発表では、池田氏は22年5月までは毎月1回開催していた学会の幹部会に出席していたが、翌6月から出席を見合わせるようになったというのだが本当だろうか?
其れよりもずっと以前から一般メディアの前に姿を見せる場面はほとんどなかったと記憶している。
だから諸葛孔明や空海等と同様、死去後何らかの理由で秘密にされているのかなと思っていた。

まあ創価学会の場合は後継者問題くらいしか理由はないが、それで「生きている」ことにされていたのだと思っていた。
それに、どこでどのような形で亡くなられたか何一つ明かされていない。
まあいつかは事実関係を言い逃れできるようになった時に公表されるのだろうね。

それにしても、孔明や空海さんと同じレベルかと言われると、まさかね・・・・・?

『死せる池田大作、自民党を走らす』ということですかね。

 


コメント 2

 
  1. LENNONより 2023.11.19 

    ところで学会を名乗ってるが何を学ぶんだろう?まさか日本の牛耳り方?他の宗教の抹殺法?いずれにしても公開できる様な物じゃ無いとは思うが。平和平和と平和ボケを充満させて国を滅ぼし周辺の国の呼び込み方?だとしたら共産や立憲と何ら変わらん。まあ保守では無いと確信してるが。

  2. 信心深い爺さんより 2023.11.20 

    この際自民党は、きっぱりと公明党と縁を切って欲しいものです。

2023年11月15日

馬鹿の頭目

YOU-TUBEが、「世紀の大発明」「人口石油開発」「世界を救う日本すごい」
とまあこんな見出しの動画で埋め尽くされている。

元はと言えば、あのお調子者の『イソジン吉村知事』が
「大阪で人工石油の生成実験を行う」と大々的にテレビ番組で支援を表明したから。
この維新の会の若者の『自己顕示欲の強さと無知と浅はかさ』は度はずれている。
流石あの橋下弁護士の眼鏡にかなった似た者同士というところかな。

 

大阪市の『咲洲(さきしま)メガソーラー発電所』は、 橋下市政で、平成24年12月26日事業にあたっての賃貸契約が連合体咲洲メガソーラー「大阪ひかりの泉」プロジェクトという事業者と結ばれた。
ところが、いつの間にか賃貸契約を結んでいない上海電力が参入し、上海電力HPによると、大阪市住之江区の南港北の咲洲(さきしま)メガソーラー発電所は『上海電力日本株式会社が日本で初めて建設した発電所』として公開されているようです。

 

橋下氏は「これらの経緯に手続き上の瑕疵はない」と開き直っています。
さすが弁護士その辺りの手続きは形式上抜け目なくやっているのだろう。

だが橋下氏は、果たして公的機関に当然求められる
『公開性』、『市民・府民への周知』を果たしたのか?
さらに「国益に沿うかどうか?」という
政治家として最も重要な配慮をしているのか?

この辺のことは今後日本保守党にお願いしたい処である。


最近とみにその薄っぺらな饒舌さが取りざたされている橋下氏の、
その薫陶を受けている吉村氏は、橋下氏に負けず劣らず目立ちたがり屋で
『人口石油』の旗振り役を嬉々として買って出たというところですかね。

しかしこんないかさま話を信じる人がこれほど多いとは呆れてものが言えない。
日本人も随分と馬鹿頭が増えたものである。実に嘆かわしいものです。

 


コメント 2

 
  1. 知らんけど爺さんより 2023.11.16 

    そもそもは大阪府民が維新の会に、清き1票を投じたのが災いの始まりです。

  2. LENNONより 2023.11.16 

    文系の最たる職業の弁護士や政治家、マスメディアの連中は詐欺師の典型だから注意をしよう。全て大学で屁理屈を習いその腕に磨きを掛けて人を騙す事に磨きを掛けた連中だ。一ミリたりとも信用しちゃいけない。

2023年11月14日

ジャニーズ、小池百合子、嘘つきメディア

年端もいかぬ時代に性的被害者になったジャニーズの面々を非難するつもりはない。
だがそれをスターへの道と納得し、それに続く被害者を生み出した加害者という側面があることもまぎれもない事実なのだ。
だからメディアもグルになってひた隠しにしてきたあの事実が、海外メディアの手を借りて明らかになったとき、
私は密かに、活躍中のタレントから、自殺したり失踪するメンバーが現れる事態は避けられないだろうと恐れた。

だがそれは全くの杞憂だったようである。それはそれでほっと胸をなでおろした。
とはいえ、今、うら若き一般女性がホストクラブに通う金を得るため道端で客を引く、
この日本の変わり果てた世相を、いたたまれぬ憤りと悲しみをもって座視できない。


いや若者だけではないのだろう。
もっと以前から日本は確実に蝕まれ続けてきていたのかもしれない。

東京都知事の『カイロ大学主席卒業という学歴詐称』が、カイロ大学で共に学んだはずの友人から明かされた破廉恥な問題も、メディアは調査も取材もせず、報道機関としての責任を一片も果たすことはなかった。政界もまた同じであった。
メディアと政界は共に日本人の誇りを踏みにじってきたのだ。

 

今このような恥ずかしい国になり下がった日本に、
一筋の光明を見出すとしたら『日本保守党』の登場だろう。
爆発的に増える日本保守党の支持者数を見て、またぞろメディアは『無視する自由』を取り始めた。
だがメディアは今回の事態はこれまでと違うということにまだ気が付いていない。

国民はついに既存政党やメディアに見切りをつけたのだ。
戦後お仕着せの価値観に寄りかかって正義を装い、
利権を貪ってきた醜悪な日本人達は、化けの皮をはがされ消えてゆく。

国家神道と仏教哲学によって培われてきた美し日本の復活の日の出である。


コメント 2

 
  1. 大阪の元気な爺さんより 2023.11.14 

    大嫌いな維新の会が、化けの皮が剥げて最近人気がダウンしたようで嬉しいです。

  2. LENNONより 2023.11.16 

    メディアと言うか文系の成れの果ては相手にしない事が一番だよ。そして知事や議員も文系で公金チューチューの一部なのは言うまでも無い。選挙制度を大きく変えなきゃこう言う馬鹿は永遠に蔓延る。全ては法制度の不備が引き起こしている。

2023年11月14日

似たようなことを!

ヒグマが出没し各地で人的被害が相次いでいる。
そのヒグマを駆除すると、どこからともなく大量の「ヒグマが可哀そう」という非難の声が沸き上がって来る。
あほか!一度自分がヒグマに食われてみろと言いたいが、この連中は別の目的があるのだからしょうがない。

少し前だが各地で「除夜の鐘がうるさい。やめろ!」という声が相次ぎ、中止したお寺さんが結構あった。
これもまた「あほか!耳ふさいどけ」というたぐいのいちゃもんだが、あっけなく終わった。

その理由は、

在日朝鮮人団体の民団か総連のどちらか忘れたが、

「除夜の鐘にうるさいと言って抗議しろ」
という指令があったと当の在日朝鮮人がばらしたから。
間簡単に言えば『日本に対する嫌がらせ』なのだ。

それがばれたとたん誰も何も言わなくなったから真実なのだろう。

こんなんだから「はよ還れ」と言われるのだが、
今回の『ヒグマ可哀そう』(日本人残酷)も同じキムチの匂いがプンプンする。
(キムチ:腐った野菜や魚や食べられるように工夫をした韓流発酵食品)

ええかげんに「日本より発展した」という祖国に帰ればいいんじゃないのか?
日本で人道に外れたて生きるより祖国に帰って発展に尽くすほうがいいだろに。

 


コメント 2

 
  1. 動物アイゴー婆さんより 2023.11.14 

    熊可哀そう・人間・可哀そう。ロシアの兵隊可哀そう・ウクライナの兵隊可哀そう。
    イスラエル可哀そう・パレスチナ可哀そう。 アイゴーアイゴー。

  2. LENNONより 2023.11.16 

    クマを駆除せず誰かが死んだらクマを駆除するなと騒いだ奴が間接的に殺した事になる。その騒いだ奴を殺人罪でしょっぴけば良い。他国の兵隊が死ぬから国防を反対と騒ぐ馬鹿と同じ馬鹿と言える。紛れも無い内なる敵として駆除すれば良い。

2023年11月12日

ジェネリック薬品にしみ込む官僚の愚策

病院で処方箋を貰って調剤薬局に持って行っても
「申し訳ないこの薬は今入ってこないんです」と言われることが増えた。

その昔「院内薬局ではあちこちの病院で同じ薬を出すから医療費の無駄遣いになる」
といって厚労省は『調剤薬局』をつくて薬の重複発給を防ぐ」と、
大見えを切って薬学部を4年制から6年生制にして権威付けし、院内諸法から調剤薬局制へと移行した。

その結果どうなったか?
調剤薬局は薬の重複発行に何一つ役に立ってません。重複を防ぐためにお薬手帳の提示を患者に求めるのですが、名の強制力もなく、諸法を断るとお客さんは別の薬局に行くからです。これが厚生省の官僚の机上の空論です。

おかげさまで、皆さんは知らない間に調剤薬局で、院内薬局よりはるかに高いお薬代わされているのです。
さらに薬代が高くなるために廉価版のジェネリック薬品を選択でき領にしましたが、これがまた問題を次期起こします。
厚生省は同じ効能だといますが明らかに違います。有効成分が少ないし後進国で生産されるからです。
そしてとうとう死者の出る事件が起きたのです。

その後、薬品の製造が厳格になり正規な薬品もジェネリック薬品も手に入りにくなったものが増えています。
調剤薬局が増えすぎているからです。それほど調剤薬局はもうかるシステムなのでしょう。
大学も儲かる、若者も職場が増える。
しかしこんなやり方がいつまでも続くはずがありません。

何という税金の無駄遣いでしょう。
何という愚かな政策でしょう。

薬学部が4年制から6年制になると聞いた時この国の官僚は救いようがないと思いました。
何の実績も上げられない薬の出し過ぎに、
ただ次々と開発される新薬の名前と効能を覚えるだけで、役にも立たぬ知識を脳にしまい込むため2年間も余計に若者の時間を浪費させる愚かしさ。
これと似たような愚かしい大学教育が繰り返されています。
日本は共産主義者に負けず愚かな官僚達によって、近いうちに崩壊するでしょう。

 


コメント 3

 
  1. 学識経験の無い爺さんより 2023.11.13 

    私も何で薬剤師になるのに6年も大学に行かねばならぬのか、
    もっと勉強したい者だけが大学院に行けば良いと思っていましたよ。

  2. LENNONより 2023.11.17 

    日本の政治は良くも悪くも利権で動いてるってのは周知の事実。国交相と厚労省も例外じゃ無く業界と裏でくっ付いてる。そして新規の技術や企業を邪魔をして国益を阻害している。そして健全な競争を阻害する事で価格を釣り上げ国民の負担を増やしてる。それを知りながら公表しないマスコミもクズの一部なのは周知の事実だ。日本は知らず知らずに重症化してる。まだ救いようの無いのが野党で労働組合なんて無くて良い物の手先となっている。治療は大変だ。

  3. LENNONより 2023.11.19 

    厚労省関連と言えば大麻グミってのが今流行ってるが、厚労省って法律の書き方を知らない役人ばかりなのか?接種した者が健康被害を受ける物は製造も販売も禁止して最低で懲役十年以上の刑に処するって欠けば良いだけの話で簡単な事だ。議論の余地も無いと思うんだが皆さんは如何だろうか?是非とも考えをお聞かせ願いたい。

2023年11月12日

厚労省 一度死んでみれば?

介護サービ事業所が赤字と大騒ぎ?
数多有る介護サービスの内、特別養護老人ホーム(特老)と老人保健施設(老健)が、制度始まって以来、初の利益率マイナス約1%になったという記事。介護保険制度では大きな施設を構えたサービスが、物価高騰の影響で赤字に陥ったと解説。

一方施設という巨大投資の不要な訪問介護・訪問リハビリ(看護)という訪問系サービスは夫々+7.8%と9.1%のプラス。

これらのデータをもとに24年度の介護報酬改定の資料とする。という記事なのだが、
厚生労働省が『悪』なのか報道するメディアが『阿保』なのか、心底国民を馬鹿にした連中の集まりである。

「特老・老健は一度もマイナスになったことがない」つまり厚生労働省に手厚く保護されて潤沢に儲けてきたのだ。
医療法人・社会福祉法人は厚生(労働)省の管轄法人で「留保金が溜まりすぎて仕方がない」という噂がひっきりなしだった。
当然役員や理事や施設幹部それに従業員も十分すぎる報酬を貰っていただろう。
それをそのままにして物価が高騰してたから利益率マイナス1%の赤字?
本当に赤字というなら余剰積立金額・職員数及び給与、さらに各利用者の要介護度(これで収入が決まる)を公表するべきだ。


訪問リハビリは『訪問看護ステーション』のことだろうな。
厚生(労働)省は、介護保険制度からあぶれた町医者に『訪問診療』という『蜘蛛の糸』を垂らして医師会に配慮した。そして看護婦さんが主役の訪問看護ステーションを作った。それから『医療と介護の連携』という言わずもがなのテーマを声高に叫び、医療保険と介護保険の両方を利用できる複雑な介護保険体制を作り上げた。

在宅の訪問看護はその内容のほとんどがリハビリでその実態はマッサージを受けながらの世間話である。医療保険と介護保険のいいとこどりでリハビリで儲けている。利益率が上がって当たり前の役立たずサービスです。


さて介護保険が想定していた本来のサービスであった『訪問介護』も利益率が上がっている。
しかしどこで聞いたのかしらぬが「職員の離職などによる人件費減が影響したとみられる」

そんなわけないだろう!


訪問介護員が次々と離職して補充もままならず、そのせいで中小の『訪問介護事業所』自体が次々と廃業している。行政がらみの事業所はいち早く廃業に走っている。そんな状況で利益率が上がるはずがないだろう?利益があるなら事業を継続するだろう。
つまり訪問介護の利益率が上がったのは一時的な現象に過ぎないのだ。
(儲かるなら皆やる。事業所は増える。しかしそうはならない)

 

大規模な介護事業所は当然訪問介護事業の部門を持っている。つぶれていく訪問介護事業所が担当していた利用者がそちらに回る。
それら継続している事業所では、少ない人員で多くの依頼をこなす。残っている介護員の稼働率は上がる。すると当然利益率は上がる。ただそれだけの単純な理由なのだ。
それでも負担の重い訪問介護事業は今後も消えていく。訪問介護の利益率の向上は、訪問介護事業の火が消える前のひと時の輝きでしかない。

この結果、儲け頭の『特老』と『老健』の介護報酬が上がって、訪問介護と訪問看護の報酬が下がるのかな?


もはや介護保険は制度破綻寸前です。

今からでも遅くない
要介護老人本人に介護手当を支給すれば、
数少ない家族・親戚が、
「小遣いになるならと」
世話してくれるようになると思うんだけどね。

其の前に、家族がサービス提供できるように、
誰でも介護サービスの役割を担えるよう
『訪問介護員、介護福祉士、ケアマネ・主任ケアマネ』
これらの資格をすべて廃止すれば、
この業界に集(たか)って公金チューチューしてる官製利権事業がなくなり
何十兆という莫大な税金の無駄遣いを減らせると思うがね。

人間(あなた方のように)悪人ばかりじゃないですよ、お役人の皆様・・・・。


コメント 2

 
  1. 悩める爺さんより 2023.11.13 

    以前は自分が老人になれば養老院に入るものと思っていました。
    悲しくて寂しいけれども、それが人生なのだと思っていました。
    老人になった今では、自分はどうすれば良いのかと思っている。
    私の行くところは何処でどうすれば良いのか全く分かりません。

  2. LENNONより 2023.11.16 

    介護なんてしなくて良い。介護士なんて資格も不要だしこれも教えて金を取る商売の一つでしか無い。別に介護なんて難しい事をしてるわけじゃ無く実に簡単な作業だ。元々看護の一部だった物を無理やり分けて資格を作っただけの事。看護も介護も入院時には看護師がしてた。そして受けられなければ死ぬだけのこと。役所ってのは日本の中で最大の詐欺集団と認識してた方が良い。

2023年11月7日

狂同通信

共同通信社の世論調査で、来年9月に予定される自民党総裁選で次の総裁に誰がふさわしいか聞いたところ、石破茂元幹事長が20・2%でトップになった。河野太郎デジタル相が14・2%、小泉進次郎元環境相が14・1%、高市早苗経済安全保障担当相が10・0%で続いた。岸田文雄首相は5・7%で5位にとどまった。

8月実施の調査に入っていなかった小渕優子選対委員長が今回加わったため単純比較はできないが、首相は4・5ポイント減り、順位も4位から下がった。

なんじゃこりゃ?

いつやっても同じ総裁候補がトップ3になるアンケート調査ですね。
不思議ですね。石破氏なんて20・2%ですよ!もう総理じゃん!
だれに聞いたらこんな結果が出るんだろ?
まさか90歳以上の方限定のアンケート調査かな?
まさか共産党員限定とか?

あ、わかった!
総理にしたくない政治家だ!
これ以外の理由が思いつかない。


コメント 3

 
  1. reporterより 2023.11.07 

    あ~、もう一つあった。
    こうやって自民党への嫌悪感を煽り政権から追い落とそうとしてるんだ。
    もう自民党時代は終わろうとしている、それにさえ気づかないんだ。

  2. 知らんけど爺さんより 2023.11.08 

    「丙丁付け難い・烏合の衆・目くそ鼻くそ」の自民党に成り下がりましたなぁ。
    まさか共産党や公明党から総裁が出るとは思いませんが、知らんけど!

  3. LENNONより 2023.11.12 

    そもそも政治家ってのは国民が選挙で選んで税金で食わせてやってる存在でしかないって事を国民が忘れてるから馬鹿が増えてるんだけどねえ。政治家にチヤホヤする事を辞めて相手にしなくなれば多少はピリッとするんだろうが?選挙制度に国民を舐めた奴は叩き落とす機能を法制化すればケツに火が付いて舐めなくはなると思うが?そして反日行為を犯罪として取り締まる制度が是非とも必要。罰則は死刑のみで。

以前のサイトへのリンク

このサイトの前身となるのが「愛媛のうわさ」と「全国のうわさ」になります。こちらのサイトの更新は停止していますが興味がある方は是非のぞいてみてください。

愛媛の噂話
全国の噂話