2019年1月21日

笑顔の狂人

 高校1年生の執拗な暴言による教師挑発動画について投稿した。そうなると当然、もう一人の挑発男を取り上げ無ければならない。

 

 ムン・ジェイン:韓国大統領、彼はヒトラーである。一見人の好さそうな笑顔を持った狂人である。
ヒトラーはユダヤ人を殲滅しようとした。ムンジェインは「日本人をせん滅」しようとする殺戮者である。

 これまでの韓国大統領は人気取りのために反日行動をして国民にアピールした。だが愚かしい反日行為をしながらも、朝鮮戦争で多数の被害者をだした記憶が『敵国・北朝鮮』という認識を維持して、いやいやでも日本との協力が必要という立場は崩さなかった。

 大東亜戦争で日本の死亡者は軍人と市民を併せて310万人。だが朝鮮半島という狭い地域でおきた短期間の朝鮮戦争では、韓国240万人、北朝鮮292万人合計532万人が死亡している。それも圧倒的に民間人が多い。如何に朝鮮戦争が残虐な殺戮戦であったかこの数字にあきらかである。

だから戦後ずーっと「北朝鮮と韓国は戦争状態」が継続していた。

 

 ところがムンジェインが大統領になってこの意識が根底から崩れた。彼は『南北統一』という理想を掲げて『北朝鮮第一』で韓国大統領になった。そして韓国人が反日にうつつを抜かしている間に、巧妙に韓国内の要職を全て『北朝鮮融和族』に置き換えてしまった。

その結果起きているのが韓国による日本いじめである!

 

 徴用工問題、レーダー照射事件、一方的に悪事を働いても、すべて日本のせいにして韓国と日本の対立に油を注いでいる。これは日本いじめである。

 その目的は子供じみている。これまでの韓国の嘘がばれて世界から非難され日本に謝罪しなければならなくなっても、「北朝鮮の核を手に入れ日本より優位に立つ」ことで、無視又は更なる横暴を繰り返すためである。
ムンジェインは対日優位を求めて『南北統一』に縋(すが)り付いているのだ。

そんなあほな理由で『南北統一』が実現するはずもない。
しかし日本に謝罪させるためなら、遡及法という近代法理論を根底から覆す行為を、何の痛痒も感じず実行する民族であることを忘れてはならない。

 南北統一した半島は、『慰安婦』『徴用工』『竹島(独島)』『秀吉の朝鮮征伐』『対馬韓国論』『日本による植民地化』などあらゆる捏造を持ち出し、核兵器を背景に威嚇してくる。

 

それだけではない。
次々と難題を吹っ掛け、絶対に武力衝突を起こし最終的に日本に核兵器を使う。
彼はにこにこ笑いながら『日本民族の殲滅』を実行する。

ムンジェインは、自分の使命は「南北統一と日本民族殲滅」と考えている狂人です。

 

日本人よ!それを防ぐにはどうしても日本に核兵器が必要なのです。
日本に核兵器があればムンジェインは武力衝突を諦める。
日本が核を持たなければ、核兵器を手に入れた彼は平気で日本に核兵器を使用するでしょう。
それは間違いありません。ムンジェインは整形で笑顔を張り付けた狂人です。

 

わたし達の選択肢は一つしかない。韓国が核を手に入れる前に日本核武装です。


コメント(1)

  1. おおらかな老婆より 

    南北統一も文政権が続くことも絶対に不可能です。
    不完全な自分勝手な韓国の民主主義によって、必ず文さんもローソク集会で追放されるでしょう。
    いずれにしても文大統領は歴史に汚名を残すことが出来ます。

コメントする

投稿前の注意

  • 他の人に不快感を与える投稿や誹謗中傷するようなコメントはおやめください。
  • コメントを投稿する前によく読みなおして投稿しましょう。
  • コメント欄に入力できる文字数は500文字までとなります。