最新の記事
ピックアップ
2022年4月20日

ちょっとお気の毒

 

吉野家の常務が早稲田大学の社会人向け講座で「生娘(きむすめ)をシャブ(薬物)漬け戦略」などと発言して首になったらしい。

しかしこれで首とはちょっとお気の毒な気がする。
センス悪いし面白くもない発言だが、
「若いうちに吉野家の味を気に入ってもらい生涯吉野家ファンにしたい」
と言う意味であることくらい、誰にでも容易に察しが付く内容だろ。

まさか講座を聞いている人がみな真に受けて「吉野家が本気でこんなことをする企業だ」と思ったとでもいうのか?
そう思った人がいるなら、そりゃ平謝りするしかない。

でもそれだけ。


もし講義内容が全てこんなあほなことばかりで終始していたのなら論外。
普通の人間なら馬鹿らしくて聞いていられず出ていく。
出て行ってないようだから、他の部分はまともな講義だったんじゃないんですか?
もしそうなら『社会人講座』を聞きに来るくらい学習意欲のある真面目な人たちから、
ジョークにもならない言葉を使う阿呆「ナンセンス・講師失格」という烙印を押され自分の評価を落とすだけのお話でしょ?

講師の言葉遣いを全面的に擁護するわけじゃない。
だけど、これをニュースにしたメディアの報道にはより質(たち)の悪さを感じてしまう。
『生娘(きむすめ)をシャブ(薬物)漬け戦略』という言葉以上の悪意のあるひどい偏見や捏造文章が、各種メディアの中に氾濫していても誰も問題にしようとしない。
いや自分達のことは気付かない、もしくは自分達には許されていると勘違いしているにちがいない(蓮舫さんのようにね)。

この件、私には、メディアの皆さんの
『自分たちのことは棚に上げた』感が凄くてビビります。
そう思うのは私だけなんでしょうかね。

吉野家の社長さんは仕方がないですよ。
こんなニュースになっちゃったらどこの会社でもきっと同じことをします。
それほどメディアは恐ろしい。メディアの自覚のなさが恐ろしい。

こんなことを言うと私も責められるのかな・・恐ろしい!

 


コメント 2

 
  1. 毎日粗食の爺さんより 2022.04.21 

    「田舎から出てきた娘が、やがて男から旨い飯をおごってもらうようになったら、牛丼みたいな粗食は食わなくなる」と言うような事を、吉野家の常務が講座で宣ってはいけません。
    吉野家は貧乏人の食べ物を提供して大儲けしている企業だと言っているのです。

  2. reporterより 2022.04.22 

    生娘ではないが吉野家の牛丼を愛してきた人間にとっても「俺はシャブ漬けにされてたのか」と少々気分が悪い話ではある。

2022年4月20日

猫を噛む茹でカエル

///_韓国では、与党「共に民主党」が5月の政権交代で野党に転落するのを前に、検察から捜査権を全面的に剝奪する法改正を駆け込みで進めている。捜査権の移譲先も定まらない生煮えの法案に、親政府系のメディアや市民団体からも批判が上がり与野党の対立は激化。新政権発足前に異例の混乱が広がっている。_///

まあいつもの『お笑い韓流』のドタバタ劇だが、
これは日本が直接被害を受けないだけまし。

などとのんきに構えていると、いつの間にか

「日本が悪い」という結論に落ち着く
これが韓流だから油断してはならない。

それにしても「検察から捜査権を剥奪する」
この奇抜さと理不尽さは外から見れば滑稽極まりない愚行でしかない。

このありさまを見ているとどうしても
『窮鼠猫を噛む』と言う言葉を思い出してしまう。

追い詰められ土壇場になって猫にかみつくネズミ。
まあ彼等にとっては命がかかっているらしいので必至なのはわかるが、
政治家(鼠)が国家・国民(猫)にかみつくようで、

日本流に言えば

『自業自得。往生際が悪い』と思ってしまう。

 

事のついでに、同様のお笑い国家であることを露呈したのがロシア。

「自分を猫と勘違いして嚙みついてみたら、
相手(ウクライナ)が猫で自分が鼠だった」

いまや追い詰められた鼠のように死に物狂いで暴れているのがロシア。

始末に悪いのは、
この鼠が『ペストに感染した疫病神(核保有国)』であること。
鼠は怖くないがペストは怖い。一歩間違えれば世界が滅びる。


リベラルの皆さんには眉を顰められるかもしれないが、
昔罠にかかった鼠を処分する(殺す)のに、罠ごと水に沈めて溺死させていた。

さてロシアを捕らえて水に沈めることのできる『罠』はあるのだろうか?
今日までそれが国連だと無理やり思い込んできた人類に妙案はあるのだろうか。
ひょっとして、中国が開発したコロナウィルスは疫病による人類滅亡の前触れなのか?


どうせなら、きれいごとばかり言って災いを蔓延させたリベラリストにのみ感染するウィルスなら、
我々はもう少し生き延びられるかもしれない。

悲しいけれど人類は今、火に掛けられた鍋の中で、
煮えたぎるまでの束の間の安息に生きる、
無智なカエルであることは間違いないのだろう。

 


コメント 8

 
  1. 陽だまりの爺さんより 2022.04.20 

    ロシアから「ワクチンのスプートニクは効かんわ、感染者と死者は増えるわ」というニュースは全く聞かなくなってしまいましたが、兵隊に新型コロナウイルスがまん延しているに違いない。

  2. reporterより 2022.04.22 

    そうか、プーチンがウクライナを攻めたのはコロナ拡大で国内に暴動が起きそうになったからか?

  3. 陽だまりの爺さんより 2022.04.22 

    ロシア人に尋ねた「ロシアで伝統の一番の料理は?」「ボルシチ」
    ウクライナ人に尋ねた「ウクライナで伝統の家庭料理は?」「ボルシチ」
    ロシア人に尋ねた「世界で一番嘘つきで信用できないのは?」「ロシア人とウクライナ人」
    ウクライナ人に尋ねた「世界で一番嘘つきで信用できないのは?」「ロシア人とウクライナ人」

  4. 陽だまりの爺さんより 2022.04.22 

    コメディアンから伝統的に腐敗しきっていた政府の大統領になったゼレンスキーさん。
    思い上がりと大誤算で戦争になってからは、当然のように西側諸国に連日武器と金の要求をしているばかりか、戦争も終わっていないのに多額の復興支援を要求し始めました。
    戦争を終わらせるには自分の命を投げ出すか、戦争を続けるには多くの自国民の命を投げ出すか。
    世界中の国を助けるためにはプーチンさんとゼレンスキーさんを殺すしかありません。

  5. reporterより 2022.04.23 

    >>04
    ロシアとウクライナは、
    言い換えると「大きなロシアと小さなロシア」と言うことですか。
    いや違うな。「核を持ったロシアと核を持ってないロシア」かな。

  6. 陽だまりの爺さんより 2022.04.25 

    アメリカの国務長官2名がウクライナのキエフを訪問することになったら、ゼレンスキーさんは言うに事欠いて「手ぶらでは来ないで欲しい、来るなら武器と金を持って来い」と言い出した。
    ウクライナ人を含んだロシア人ほど厚かましい民族は他に例を見ません。

  7. 陽だまりの爺さんより 2022.04.25 

    この軍事作戦はソビエト連邦からの内紛(民族紛争)であって、燻っていた火種が今頃になって大きく燃え上がってしまったことに、世界中の多くの人々は気が付いていないようです。

  8. 陽だまりの爺さんより 2022.04.26 

    さすがに元俳優だけあって連日正義の味方を熱演しているゼレンスキーさんは、世界中に多大な迷惑をかけている元凶の片割れであるとは考えていません。
    イデオロギーとか関係なく、世界中の人々が奴らのせいで貧乏になっているのが分からんのか!。

2022年4月18日

侵略する馬鹿に降伏する馬鹿!

ロシアがウクライナを侵略したおかげで、近代兵器の一端が明らかになった。
その最たるものが戦車・装甲車と言った陸戦部隊を率いる機動力を持った車両がほとんど意味がない代物になったということ。
なぜなら人間が持ち運べる対戦車ミサイル(ジャベリン等)で容易に殲滅されることが判ったからである。
武器の進化は恐ろしい。
ジャベリンなどめくらめっぽう撃っても、
上空に上がったミサイルがかってに戦車を探して命中するというのだから戦車にはなす術なし、たまったものではない。

なぜこんな話をしているかと言うと、日本軍つまり自衛隊は国産戦車の優秀性を常々誇示し続けているからである。
それほど優秀な戦車を開発したということは『戦車』を国土防衛の要と考えてのことに違いない。
それが役に立たないとなれば日本は防衛戦略の根本的見直しを迫られたということなのだ。

にもかかわらず、
どこからもそんな声が上がらない。


まあ、「侵略されたらさっさと降伏すればいい」などと、
日本人のご先祖様が聞いたら腰を抜かしそうなご高説をのたまう御人もいるのだから、
元から国を守るなどという気概もない若造ばかりなのだろう。

自分の国は国民が守る。自分の家族は男子が守る。


戦車がダメなら新たな防衛兵器を開発する。
『撃てば絶対に当たるライフル』とかね。
(もちろん弾はロケット弾!)
世界中の海を泳ぎまわって、潜水艦を見つけたら
『位置情報を発信しながら追尾するイルカ』とかね。

侵略されたらお手々挙げて降伏?
そんな恥ずかしいこと言うなよな!

 

 

 

 

 

 


コメント 5

 
  1. 戦争を知らない爺さんより 2022.04.19 

    徴兵制まではやらなくても良いので、有事の時のために全ての成人男性に「ジャベリンの打ち方または軍事用ドローンの操縦の仕方」の訓練を義務付ければ良いと思います。

  2. 戦争を知らない爺さんより 2022.04.19 

    それとも若者に日当を払って「ジャベリンの打ち方または軍事用ドローンの操縦の仕方」を訓練して貰って、予備役として登録するだけでも侵略者に対する抑止力にはなります。

  3. reporterより 2022.04.20 

    武器の携行は法律で禁じても良いが、その使い方は日ごろから全ての国民に教えておかなくてはなりませんね。そして各都道府県に武器を備え付けておくこと。
    ああ、こうなれば永世中立国スイスのそれに近くなります。

  4. 戦争を知らない爺さんより 2022.04.20 

    ライフル銃やピストルの打ち方を全ての成人した国民に教えて、武器庫に人数分を保管しておけば良いのですが「ピストルの撃ち方知られちゃ困る」と警察が言うでしょうね。

  5. LENNONより 2022.04.22 

    マリウポリの製鉄所は地下シェルターに籠城してる様だが。夜間にガソリン、灯油を周囲のロシア軍の頭上に振り撒いて焼き殺すって原始的な方法を使って見れば良いのに。ヘリでも輸送機でもタンクを積んでばらまきゃ良い。そして火種を落とせば火葬になる。他国の領土に侵入したら焼き殺されても文句は言えん。但し赤外線画像で人間の姿を探しながらの作業にはなるが。その間に製鉄所のシェルターから避難すれば良い。ウクライナはもっと原始的だが効果のある罠を仕掛けてロシア兵を殺してやろう。ガンバレッ!ウクライナ!そしてロシア国内を主戦場にしてモスクワに進撃すればもっと良いのだが。

2022年4月17日

村田諒太に王者のガウン

ゴロフキンとの世界戦、残念ながら9ラウンドTKO負けという結果に終わったが、正直言って予想外の善戦だったと思う。
9ラウンドかあ。
あのゴロフキン相手に、あと3ラウンド闘うスタミナと耐久力を求めるのは酷というもの。

ゴロフキンの負け試合・カネロ戦は実質てきには勝ち試合だから、彼の戦績は44戦37KO・無敗。
そのスーパー王者・ゴロフキン相手に堂々と渡り合い、ひょとすれば勝てるかもしれないと思わせた選手は前述のカネロ以外は皆無。
前半3回までは「ひょっとすればボディブローで不倒の王者に膝をつかせるかもしれない」と思ってしまった。
村田諒太の実力は完璧に世界レベルでスーパースターに肉薄するものだったことは誰も疑わないだろう。

あと少し村田選手がボディー攻撃を続けられたら「ヒョッとしたら?」と思ってしまうがそれもタラレバ。
やはりゴロフキンを讃えるべきだろう。素晴らしい試合だった。感動した。凄かった

ゴロフキンと村田諒太の試合がこれほど日本で評価されたのは二人の人間性にもある。
ゴロフキンも村田の力を認めたのだろう。ブルーに輝くあのガウンを村田に与えた。

ひょっとしたらあのガウンは何本もあるベルト以上に価値があるんじゃないか?
ボクシングファンの間で『億』の値段がつく日が来るかもなどと思ってしまう自分が情けない。

 

素晴らしすぎて感想を書くのが遅くなってしまった。

次は井上尚弥とドネアか~。
ドネアが凄いんだよなあ~。
しかしそういう相手を簡単に倒すのが尚弥だしなあ~。
とはいえそういう相手を倒してきたのもドネアだしな~。

わからん! で、待ち遠しい!

 


コメント 0

 
2022年4月17日

プーチンを殺せ!

ロシアのプーチン政権がバイデン米政権へ外交文書を送り、「米国が高性能の兵器をウクライナに供し、戦闘を激化させることは『予測不能な結果』を招く可能性があるとしてウクライナ支援の停止を求めていた(米紙ワシントン・ポスト)。

予測不能な結果(?)が起きる?
核戦争のことか?
予測できるのか?
それは予測か?
予測ではなくお前の決定だ。
プーチンよお前は神なのか?

おお、豚のような醜い顔の男が
自分は神だと叫んでいる。

プーチンを殺せ!

彼は『予測可能なわたし達』をあてにして、脅しをかけている。
しかしプーチンはあきらかに予測できる『その後』を直視できない。
つまり『彼自身の死』を予測しない。プーチンは愚かな臆病者だ。

プーチンを殺せ!


彼は臆病者である。臆病者が恐れるのは何も怯えない人々である。
世界は決して口にしてはならない。

ロシアの軍事力が思いのほか脆弱であると知ったことを。
核保有国は瞬時にロシアを核攻撃できる体制をすでにとっていることを。
ロシアの行動は宇宙から監視して丸裸にされていることを。
『プーチンに予測不可能な結果』しかないことを!

プーチンを殺せ!


この事実を、世界は決して口にしてはならない。
プーチンは今人類の愚かさ一身に集め人類の滅亡を招こうとしている。

唯一の手段はロシア人自らがプーチンを引きずり下ろすしかない。
世界中に散らばるロシア人がロシア国民に真実を伝え、
「自らの手でプーチンを葬り去る」しかないことを知らしめよ。

プーチンを殺せ!


人の命を盾に「殺してはならない」と、
自己陶酔に浸るリベラリストの行き着く先をプーチンは具現化した。
その同類の愚か者は日本にもごまんといる。

ただ手をこまねいて滅びるなら、人類はその程度の存在なのだ。
世界の首脳達も又プーチンと同じだ。もはや諦めるしかあるまい。
恨むものなど何一つない。愚かな種が一つ滅びるだけだ。

滅びたくなければ、
口に出してはならない。
ただ沈黙のなかで、

プーチンを殺せ!

 


コメント 3

 
  1. 戦争を知らない老人より 2022.04.19 

    それにしてもロシアの軍隊がこれほど弱いとは思いませんでした。
    中国の軍隊もロシアと同じく弱いことを願わずにはいられません。

  2. reporterより 2022.04.20 

    日本国軍人の目で見た日清戦争時の清国艦隊は、一部の上官以外の乗組員の『軍規の緩さ』『服装の乱れ』に呆れかえったようです。それは日露戦争の時のバルチック艦隊も同じだったようです。
    一旦戦闘が始まると、そのような下級兵士はものの役にはたなかったのでしょう。
    今も同じであればロシア軍が弱くて当たり前です。

  3. LENNONより 2022.04.22 

    プーチンを殺すべきはロシア国民が正しいのだが。それが出来なきゃプーチンもロシア人も殺せ!っていずれなるんだろう。プーチンみたいな狂人をトップに据えてる国民も同罪になる。そろそろ全面核戦争の準備をして一気に終わらせるべきだね。ロシアが1発も核ミサイルを撃てなきゃロシアだけが消滅しメデタシメデタシとなる。ロシアの人口は1億四千万らしいが地球にとって大した数じゃ無い。ついでに中国も消して仕舞えばもっと良い。

2022年4月12日

NATOはベラルーシを攻撃せよ!

ロシアは核兵器をチラつかせながらウクライナ侵略を止めはしない。
ロシアの都市や国民に直接被害が出る事態にならなければ決して戦争行為をやめない。

ではウクライナとNATO加盟国はウクライナに武器や物資を供与する以外何もできないのか?

それではやがてウクライナが疲弊してロシアの思うつぼになる。
もっともロシアも経済制裁でボロボロになるがその前にウクライナが消滅する。

「ロシアを直接責めれば核兵器を使う可能性がある」
これが最大のネックだ。

それならば、ロシアを支援する国家を攻撃するしかない。まずベラルーシだ。

 

NATO軍はウクライナ侵略の手先としてベラルーシを攻撃する。
ベラルーシの国民が難民としてロシアになだれ込めばロシアに直接攻撃せずに戦争を実感させることができる。

NATOは直ちにウクライナ救済のためにベラルーシのウクライナ国境地帯に侵攻するべきである。
ベラルーシにいるロシア軍はどうするか?
ベラルーシに居る限りベラルーシの軍と見なしせん滅する。これが最大の目的だ。


ベラルーシの独裁者を捕らえ戦争犯罪者として処罰すればいい。
ロシアの支援国を次々締め上げる。
これしかロシアのウクライナ侵略を止める方法はない!

ベラルーシがロシアに近すぎるなら、
国連決議でロシア制裁に反対したその他のロシア支援国に、
武力制裁する決定とその期日を通告することだ。

 


コメント 4

 
  1. 戦争を知らない爺さんより 2022.04.13 

    NATOはウクライナを失ってはならないと本気では考えていません。
    NATOがウクライナにNATO軍を派遣すれば、間違いなく世界大戦が勃発します。
    NATOの加盟国は自国が侵略された時に、他の加盟国が助けてくれるだろうと思っています。
    NATO弾というのが有って、NATO軍が使う鉄砲の互換性のために同じ規格で造っています。
    NATO弾は狩猟用の弾で弾が獲物に当たった時に弾頭が潰れて傷口を大きくするソフトポイントと言う弾頭を使う事を禁じていて、それは弾が人間に当たった時に殺傷力が大きくなるからだそうです。
    NATOの軍隊が敵の兵隊に当たった時に、傷口が大きくならない弾を使っているのはお笑い種です。

  2. LENNONより 2022.04.14 

    弾頭が命中した時に先が割れたりして殺傷能力を増すのをダムダム弾と言う。それに比べて先端まで銅で覆われた物をフルメタルジャケットと言う。軍用はフルメタルを使うのが常識と言うかそう規定されている。昔は7.62ミリ後継だったが今は5.56ミリが正式採用されており7.62ミリは昔のNATO弾。ライフルを持つ歩兵が弾丸を多く所持出来る為の小口径化だが殺傷能力は変わらない。多少有効射程は短くなるが。ベトナム戦争当時から今の口径は使われ効果は証明されている。

  3. LENNONより 2022.04.14 

    追伸
    NATOもアメリカも今の所は核戦争にビビって様子見をしてるがスエーデンとフィンランドがNATO加盟に動き始めてロシアもミサイル部隊をフィンランドの国境付近に配備を始めた。いずれにしろ核戦争は避けられんだろう。モスクワと戦略ミサイルを同時に消滅させればロシアは消滅する。その上で民主主義国だけの国連に変更し民主主義国連にしてしまえば良いのだ。共産主義国や独裁国はロシアの様になるとみせしめにすれば良い。そうすれば核も必要無くなるし核廃絶の一歩になるかも知れん。メデタシメデタシだ。その前に徹底的にロシアの潜水艦狩りをする必要は有るが。

  4. 老いたる猟師より 2022.04.19 

    私は狩猟用ライフル弾の308 Winchester(7.62ミリ)を49年間使って廃銃にしました。
    弾速が早くてNATO弾として大量生産のため価格が安いので、猟師に人気が有りました。

2022年4月11日

各国首脳が『人間の盾』となりウクライナに平和を!

ボリス・ジョンソン英国首相が電撃的にウクライナの首都に飛びゼレンスキー大統領と会談。

ボリス・ジョンソン!漢だね!


もし他国首脳を殺害したりしたら完全に敵に回すことになる。
つまり他国首脳が滞在している限り、普通に考えればロシアは攻撃ができない!

と言うことなら、
これから自由主義陣営の首脳が、入れ代わり立ち代わりキエフ訪問することだ。

最高の『人間の盾』でロシアの攻撃を食い止めよう。
米国・ドイツ・フランス・イタリア・日本・米国・カナダ・豪州・トルコ・・・
各国首脳が間断なくウクライナ各地を訪問すればロシアは手も足もでないのでは?

しかし問題は各国首脳にその勇気があるかどうか!

まあ現役首脳はリスクが大きいので、要人としてそれなりの人材を世界が送り込めばいい。

その点日本は豊富な人材を抱えているぞ!
小泉、鳩山、菅、福田、村山など
耄碌した元首相にはぜひ頑張っていただきたい。

 

しかし彼らに人間の盾としての価値があるのかなあ。
お構いなくバンバン攻撃されたりして・・・・・。

 

 


コメント 2

 
  1. 耄碌爺さんより 2022.04.11 

    それこそ「あんた何しに来なはった?」言われまっせ!

  2. reporterより 2022.04.11 

    「『原発阻止』に来ました。」デス。
    ボリス・ジョンソン「原発8基新設!」
    岸田「原発稼働させない。電気代上がるけど我慢しろ」

2022年4月10日

戯け小泉

どうしてこうも日本の政治家は恥知らずで定見がないのだろう。
自民党元総理経験者が野党を支持する?

//_小泉純一郎元首相は10日、新潟市で開かれた脱原発派の会合に出席し、5月の新潟県知事選に立候補する野党系の新人片桐奈保美氏(72)を支援すると明言した。「新潟から原発ゼロの声を全国に届けていただきたい」と訴えた。小泉氏は会合で「諦めずに運動を続け、将来必ず原発をゼロにする。自然エネルギーを巧みに活用する日本にしていきたい」と主張。「片桐さんが当選すれば新潟だけじゃない、日本を動かす」と支援を呼びかけた。_///

日本国の総理大臣を務め国策として原発を推進してきた立場にありながら、よくもまあのうのうと二枚舌を使えるものだ。
こんな人間を総理にいただいていたことを思うと日本人として恥ずかしくなる。

自然エネルギーを巧みに活用する?
それなら原子力発電も自然界に存在する放射性物質を活用する
立派な自然エネルギーだぞ?
自然エネルギーを活用する原発推進でいいじゃないか!

 

小泉親子は、根本的に言葉の意味を正確に把握する能力に欠けている戯け者だな。

本当に原子力発電が環境に悪いなら、
ずさんな管理で放射性物質をたれ流している
中国・韓国の原子力発電を批判し
中止させた方がはるかに効果的だ。
小泉シニアは世界の環境など考えもせず、
まるで日本だけを破壊しようとしている、
利権まみれの大戯けなやくざ者じゃないのか!


コメント 1

 
  1. 憂国の爺さんより 2022.04.11 

    イギリスのジョンソン首相は、早々とマンボウ?もマスク着用義務も解除し、今後原子力発電所を6基建設すると表明して野党の批判にもめげず大活躍をしていますが、退任後に出てきて政治に影響を及ぼすようなことは無いでしょう。
    日本の歴代の首相達は任期中にロクな働きも出来ないで、辞めてから長生きをして未練たらしくあちこちに顔を出したり、訳の解らんことを宣うので困りものです。

2022年4月9日

闘わずして韓国に負けた岸田総理!

今日は日本ボクシング界における記念碑的な試合になるだろう、村田諒太Vsゴロフキン戦。
好漢村田諒太の善戦を祈る。しかし試合前に敗北を認めるような馬鹿な真似をするはずがない。

 

その馬鹿げたことをやったのが岸田(アイム)ソーリー。
///_日本政府と韓国の次期政権が、戦後最悪の両国関係を改善させる具体策を検討するチームを立ち上げる方針。日韓関係の改善に向けたチームの設立は、先月行われた電話会談で岸田総理が尹錫悦次期大統領に提案したもの。そのため11日から、日韓議員連盟の前幹事長・河村建夫元官房長官がソウルを訪問する。(JNN)_///

ウワ!サイテー!

ウクライナのどさくさに紛れて何やってんだよ!
ここ数年間韓国を無視してきて、やっとこさ当たり前のことが言えるようになってきたのに

これで全ては元の木阿弥!
韓国は、「ついに日本が歴史を認めた罪してきた!」と大喜びしているだろう。


その上よりにもよって、河村健夫氏を使う?
岸田総理は晴れの日のテルテル坊主!
日本のバイデン!
なんともいえぬ官僚的腐敗臭が漂う。

愚か者がトップにいる時
日本に大きな災いが訪れる。

橋下元大阪市長氏や岸田総理、事が起きるたびにその人間の本当の姿が浮かび上がってきます。

 

 


コメント 1

 
  1. 不惑の爺さんより 2022.04.11 

    日本に大きな災害が訪れた時には、世界主要国のトップや国連、ついでにアカデミー賞やグラミー賞などでもオンライン演説を行って「お金・武器・食料・衣料品を下さい。義勇軍も必要です。」「それでは少ないもっと弾薬が必要です」「何でもっと多く助けてくれないのか?」と言えば良いのです。
    GHQに押し付けられた世界に誇る「日本国憲法」の改正も必要なく、備えなくても憂いなし!

2022年4月5日

諒太・尚弥・ドネア・ゴロフキン モンスター達の競演

久々以ボクシングの話題。
4月9日の村田諒太Vsゴロフキン戦。6月7日の井上尚弥Vsドネア戦。
どちらも日本国内で行われるビッグマッチで、井上尚弥はモンスターの異名を持つが、ゴロフキンもドネアもモンスター。

村田諒太君は、一度ロブ・ブラントに敗れタイトルを失った。その時に明らかにここまでが彼の限界だろうと思った。かつて日本人ボクサーに多いタイプだが、大試合で大事を取って受けに回りそのまま押し切られた。
しかしリターンマッチでは大方の予想を覆し、がむしゃらに攻めブラントを叩きのめしたあの試合を見て、村田選手の能力を見くびっていたことを恥じた。村田もまたモンスターの一人である。

とはいえ相手は世界に名をはせるモンスター・ゴロフキン。
あのカネロさえゴロフキンの力が落ちるまで時間稼ぎをしなければ勝てなかった相手。
(ドーピングのうわさまである)
そこまでやってもカネロが微妙な判定勝ちしか拾えなかったモンスターである。

もはや「村田君が前の試合からどのくらい力を付けたか?」それだけが焦点になる試合だろう。
「負けてもいい」等とは言わんないが、この試合は日本ボクシング界史上最高のビッグマッチ。
ゴロフキン相手に堂々と戦って、できればKOで勝って欲しい。

もう一試合の井上尚弥Vsドネア戦。
前回闘って井上尚弥の判定勝ちになったが明らかにレフリーの判定に問題があった。
ドネアのダウンシーンのカウントが明らかに10カウントを超えていた。
おそらく15カウントくらいあったので間違いなくKO勝ち。
普通なら前回勝った井上の相手ではない。

だが、あの試合が眠っていたドネアの本当の力を目覚めさせたかのようである。
その後の2試合、ドネアは無敗のチャンピオンと無敗の挑戦者を楽々とKOで圧倒した。
見る者全てに、ドネアがモンスターであったことをまざまざと思い出させる試合だった。

村田がリターンマッチで見せた復活・成長劇と、ドネアが井上に敗れた後に見せた復活・再生劇。
あれを見た者はこの2試合に勝敗を超えたモンスターたちの活躍を期待しているはずだ。

日本人であるかどうかなどまったく関係ない。
そして4人共に人間的に素晴らしい選手たち。
その心優しきモンスター達の試合に、勝ち負けを予想する気は全くしない。

ただただ、胸をときめかせて試合を見つめ、残酷で美しい結果を待つのみである。


コメント 1

 
  1. reporterより 2022.04.06 

    しかしドネアの強さは驚異的。そのドネアの全盛期に子ども扱いしたリゴンドーもすごかった(現在41歳)。そのリゴンドーもロマチェンコには途中で棄権(まあ体重差のある試合だったからしょうがない)。そのロマチェンコ(言辞34歳)に唯一しりもちをつかせたリナレスは、つい最近の王座挑戦者決定戦で逆転負け。リナレスは36歳と比較的若いが、これで引退でしょうね。以前のロマチェンコ戦で受けたダメージが尾を引いている。だがロマチェンコも23歳の若者テオフィモロペスに苦も無く敗れた。勝負の世界は厳しい。
    ドネア39歳、ゴロフキン40歳。村田君でも36歳。全員負けると引退が取りざたされる年ですね。

以前のサイトへのリンク

このサイトの前身となるのが「愛媛のうわさ」と「全国のうわさ」になります。こちらのサイトの更新は停止していますが興味がある方は是非のぞいてみてください。

愛媛の噂話
全国の噂話