2019年6月13日

『従軍慰安婦拉致・強制』は明らかな嘘である!

 何度でもいわなければならない!
 『強制・従軍慰安婦』は韓国の嘘です。ある弁護士さんはこの『韓国の嘘』をリトマス紙代わりにして日本人を分類するそうです。信じる人がいい人で信じない人が悪い人なのだそうです。
わたしも同じ考えですが、その判定結果は真逆です。

 

拉致され強制的に『従軍慰安婦』にされた韓国人女性が20万人もいるなら、当時の韓国人女性のほぼ1%が拉致されたことになります。平均寿命を40歳として慰安婦にされた人が15歳から35歳として2%。つまり50人に1人。15歳から35歳の女性全員を対象にしていますからかなり控え身にみた数字が50人に1人です。(人口4000万人、平均寿命40歳)
『15歳から35歳の女性の内50人に1人』が日本軍に拉致されのは本当でしょうか?

 

 戦後その女性達のために立ち上がった人達の組織が『韓国挺身隊問題対策協議会』です。
ところがこの名称は実に不思議な名称です。韓国に『挺身隊』はなかったからです。挺身隊が存在していない韓国で『挺身隊』の問題が存在するはずがない。
 韓国女性50人に1人が拉致されて強制的に『慰安婦』にされるという悲惨な目に遭ったその当時、何一つニュースにもならず、その上韓国人男性は、拉致される身内女性を見て何も抵抗しなかったのでしょうか?

 

不思議です。『挺身隊』のなかった韓国で『挺身隊問題対策協議会』が存在する理由。
15歳から35歳までの韓国女性が『50人に1人の割合で拉致』されても韓国内で何の問題提起されていないこと。また韓国人男性が何一つ抗議していない事。

これらの事実から導き出される答えは一つ!
『従軍慰安婦の拉致』は明白な嘘・ねつ造である!

 

 韓国人と一緒になって「慰安婦に謝罪せよ」という弁護士・政治家その他諸々の方に、是非明確な回答をコメントで戴きたい。
もしなければ『強制拉致慰安婦』は韓国と反日日本人の『嘘・捏造』認定をさせていただきます。

 

答えられないよね。当の韓国内ではやっと名称のおかしさに気づいて『韓国挺身隊問題対策協議会』の名称をこっそりと『日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯』という妙な名前に変更しています。
つまり「(あやふやな)記憶を持ちよった者たちの連帯」という実に迷惑でいい加減なものであることを自ら告白しているます。

最低な人間たちのやることに向きになる必要はありませんが、間違いはただしましょう。コメントよろしく。


コメント(2)

  1. LENNONより 

    半島人が何を言おうと嘘が暴露た今では誰も相手にしないしそれを擁護する奴も同類だと思われるだけ。半島人の性質や性格は日本に在住してる連中を観察すれば直ぐに分かる事。自分の首を自分で締めてる事に気付かないのも民族性のなせる技だ。半島出身者とその血を受け継いでる人間が完全に日本から居なくなれば日本の平和はかなり達成される。

  2. reporterより 

    『従軍慰安婦は実在する』というコメントはありませんね。
    よって『従軍慰安婦』は韓国と反日日本人の捏造と認定いたします。早すぎる?
    だって、誰も反論できないから仕方がないでしょう?反論あれば載せます。暫定認定です。

コメントする

投稿前の注意

  • 他の人に不快感を与える投稿や誹謗中傷するようなコメントはおやめください。
  • コメントを投稿する前によく読みなおして投稿しましょう。
  • コメント欄に入力できる文字数は500文字までとなります。