2019年6月12日

「美味い!」女と、「美味しい!」男 ?

 ツイッターに
「友達と寿司屋に行った時『うまい!』って喜んでたら、隣に座っていたおじさんが『美味いじゃなくて美味しいだろ。女なんだから』と。その後もしつこく何度も注意され居づらくなって店を出た。言葉遣いなんて状況で変わるから余計なお世話だし赤の他人に女らしく喋る事を要求されるのって気持ち悪いなと思った」という投稿。

 

案の定「隣のおじさんがうざい」という発言が多いのですが、もし私が娘と一緒に居たら娘に「美味しいと言いなさい」と言うと思います。

よそ様に向かって言うつもりはありませんが、酒の味は少し不味くなりそうな気はします。

別にいい家柄似生まれた者ではありませんが、生まれてこの方、女性には女性特有の言い回しや言葉があり、男としてそれを美しいと思ってきましたのでそう感じます。

 

もし最近の映画やテレビ・小説などでは、女性が「美味い」というのが普通になっているならもう少しの間辛抱してください。我々世代はもうすぐ消えてゆきますので「時代遅れ」と笑って見守ってください。

ただ少し心配するのは、『男らしさ・女らしさ』を差別と捉えると、現在問題になっている少子高齢化の一因になるかもしれないという危惧はもっています。

『Ku-too』の問題でもそうですが、「女性に美しさを、男には強さを求める」のは、これまでの人間社会では『子育ての制約』で或る意味必然であったような気はします。
ですが、今後誰も働かなくても生きていけるような時代が来ればその制約から逃れられるでしょう。
似非人権派リベラリストは「既にそのような時代にある」というフェイクをまき散らしているように見えます。

日本の若者に、
「見ず知らずだがたまたま隣あわせた時代遅れの我々に、少しばかりの気配りを」という期待できないものでしょうか?


コメント(1)

  1. LENNONより 

    男は男らしく、女は女らしくってのは生物界、自然界の掟のような物。男らしく無い奴は女から見捨てられ女らしく無い女は男から見捨てられ相手にされず淋しく死んで行く事でしょう。特に子孫を残す事も無く。それはそれで選択の自由だから自己責任で選べば良いだけ。自然は厳しいのです。男が男らしく無くなった原因にガキの頃から喧嘩は駄目だと言われ平和に生きて来たツケが回っているんだろう。喧嘩をしなけりゃ痛さが分からず手加減も出来ない。そう言うアホが増やされてる気がする。これも平和ボケを増やそうとする反日勢力のなせる技かも知れない。この際暴力とか暴行とかって言葉の定義をハッキリさせる必要がある。味噌と糞を一緒にする馬鹿の為にも。

コメントする

投稿前の注意

  • 他の人に不快感を与える投稿や誹謗中傷するようなコメントはおやめください。
  • コメントを投稿する前によく読みなおして投稿しましょう。
  • コメント欄に入力できる文字数は500文字までとなります。