2021年12月1日

寄生虫行政の打破!新しい日本を!

麻生さんがコロナでも税収は上がっているから不景気ではないとおっしゃったとか何とか。

でもね、庶民の暮らしは真綿で首を絞めるように徐々に徐々に閉塞感の覆われ、若者たちは結婚して子供を育てる家庭を持つことに不安しか感じていません。これでは少子化を改善することはできません。

税収は上がって生活が苦しいのはインフレですが、日本はインフレではなくてデフレです。デフレだから庶民の給料が目減りしていても何とかやっていけているが、それももう限界に近づいて、日本の若者の心は荒んできています。

 また日本の国債発行残高がいくら増えても全く問題はないという人達もいます。解らなくはないのですが、いずれジャブジャブ円を発行すれば円の信用が落ちて基軸通貨で無くなる可能性はないのですか?

 製造業は景気が良いようですが、サービス業、特に飲食業は敗戦後の焼け野原みたいな惨状なのをご存じですか?
医療・介護・福祉業界は利権目当ての規制でがんじがらめで、働きたくても就職できない若者が一杯います。
この利権を生み出すためには、『寄生(規制)虫』行政組織を根本的に打破しなければ、かつてのような景気浮揚対策は何をやっても失敗します。

上がる収益が『寄生虫(利権集団)」にすべて食いつく有れるからです。

結局行政改革、政治改革です。

ですがこの分野は自民にはできません。
もはやしがらみが多すぎる多すぎるです。
国民の皆さんよく聞きなさい。
現在の選択肢は『維新の会』だけです。

次の選挙で自民・維新の連立政権です。
そしてその次の選挙で維新第1党の連立政権です。

日本が復活する可能性はこの方法しかありません。
維新の会は今後1年間、徹底的に国政を学んでください。
心ある自民党員と気脈を通じてください。
自民党有志もしがらみを捨て、刮目して事態を見極めてください。

必ずや2年の内に政権選択選挙が起きます!
維新の会はその時のために頑張って下さい!
新しい日本の為に!

 


コメント(1)

  1. 維新が嫌いな爺さんより 

    維新会の連中の言う事を聞いていたら、代議士は皆公務員のようになってしまいます。
    公務員では国政は出来ないと思うし、代議士はお金を使わないと立ち回りが出来ない。
    発足のメンバーや維新の会のサラリーマン代議士が嫌いなのは私だけではありません。

コメントする

投稿前の注意

  • 他の人に不快感を与える投稿や誹謗中傷するようなコメントはおやめください。
  • コメントを投稿する前によく読みなおして投稿しましょう。
  • コメント欄に入力できる文字数は500文字までとなります。